FC2ブログ

会長の思い出37

 2013-08-31
1985年6月、彼女が結婚を承知してくれた事を父に伝えると、
やはり早速父が動き出します。
父「さあ、相手の家へあいさつに行かなあかん。明日行くぞ。」
私「ちょっと待ってよ。相手の都合もあるし、何日がいいか聞いてみるわ。」
父「何日がええかと違って、明日行くから言うて、
  あかんかったら次の日を聞いたらええやろ。」
と、父はいつもの調子で、火が付いたら大変で、
こらえらい事になるわ、と怖くなるのでした。
というのも、私も仕事ばかりしてきて、友達付き合いもしてこなかったので、
こういう時どうしたら良いのか、父は無手勝流でやるのはわかっていましたから、
商売だといろいろ発想は湧いてきますが、
私生活の事になるとどうしていいのかわからない状況でした。

しかし、「一楽さんの所に、結婚を申し入れるのは自分で行くから。」
と言ったことは覚えています。
いくら何でもこんな話をするのに父親が行くのはおかしいですから。
でも、父と言う人は、何でもその先に地獄のような問題が待っていようとも
自分でやらなければ済まないのですから、世間様がどうのこうのよりも、
正しい、やらなければならない、と思ったら絶対に実行する人でした。

そして、一楽さんのお宅にお伺いし、
彼女のお父さんに結婚のことを告げますと、快くお受けいただけました。
すると後日、森川支配人が「社長(父)の代理できました。
ジューンブライドをさせたいので、今月中に結婚した方がいい」
と一楽さんに告げに行ったそうです。
騒然、一楽さんは「準備の時間もあるので、時間がなさすぎる。」
と言う意味のことを言われたのだと思います。
森川支配人は「すぐにでも結婚するのですから、先に一緒に住んではどうですか。」
と、話したそうです。
これは、]逃げられたら困るとかいう事は全く考えなかったと思いますが、
一度決めたら夢が膨らんでいって、早く決めずにはいられない性分の表れなのです。

ところが、これからが常識で考えるとむちゃくちゃな所でしょう。
父は私と彼女を連れ出して、先に新婚旅行に行ったらどうやと、
旅行会社に向かったのです。
「全く休み無しで9年間働いて来たので、そんな旅行なんか行く暇ないわ。」
と私が言いますと、
「その間俺が見といてやるがな。」と言って、
何を放っておいても結婚がまずありきモードなのです。
旅行会社に着くと、ハワイ旅行とハワイでの挙式が
セットになっているパックがあったのです。
父はそれを見るなり、「これがええわ。6日間がええか、7日間がええか。」
と言いますので、「1週間も無理やわ」と私が申しますと、
「そやったら6日間にしといて。」と、その場で申しこんでしまったのです。
結局、6月の終わりに、ハワイで結婚式を挙げ、
7月の終わり、めっちゃ暑い中披露宴をしたのです。

この時の事を妻に聞くと、一楽さんのお父さんが父に
「あかんかったら帰ってきたらええんや、と娘には言っています。」
と言われたそうです。
後年、一楽さんは「自分は田舎を出る時、父親から、
”あかんかったら帰ってきたらええや”と言われて
何があっても絶対に帰るもんか、と頑張ったんや。」と、おっしゃっておられました。
それを父はまともに受け取ってしまい、怒っていました。
「一楽はなんと失礼な人や。あんな親はあかん。」と、私と妻に言うのです。

何でも急いでする弊害なのか、それでもそんなのお構いなしで
父にとっては結果が良ければいいのです。
でも、長い目で振り返ると、むちゃくちゃでも、
この時の父の行動には心から感謝しています。
 
スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://daishintakemura.blog46.fc2.com/tb.php/68-4135d055
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

㈱大進

Author:㈱大進
小麦粉調製品、砂糖調製品などを取り扱っている大進です。
より良いものをよりやすくをモットーに走り続けます!

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -