fc2ブログ

Kブーム 2

 2021-09-01

昨今のKブームを第3次韓流ブームとか第4次韓流ブームとか

言っていますが、私のように韓国と長年仕事で接してきた者としては、

4次だと認識しています。

3次までは少し年齢層が高い女性中心だったと思うのですが、この

最近のブームは1020代の若い女性が中心です。

明らかに年齢層が下がり、様相が異なります。

現在のKブームがどの様な展開になってきたか調べていると韓国の

世界戦略が見えてきます。これは、韓国の政治と関わっているようで

もあり、違うようでもある。まず、グローバル化という点では政治も

民間も同じようですが、政治が反日や反米をうたうのと比して、

KカルチャーやKフードは政治の排他的な考えとは一線を画す動きだと

考えます。その国の文化や社会に深く溶け込んでいく、融合とも言える

ものです。

長年韓国のトップ企業であるCJとビジネスをしていると強くそれを

感じます。CJを見ると、日本人が忘れがちなファン作りに徹している

ように思われます。

そもそも商売は、物を売るより人を売らなければいけないと教えられ、

いかに人に振り向いてもらえるか、好きになってもらえるか、ファンに

なってもらえるかを必死に考えたものです。

それが、いつの間にか数字や結果に追われ、商売の根本を忘れがちに

なったと思われ、反省しているところですが、CJにはそれが見えるような

気がするのです。

韓国の優秀な人、優良な企業にはそれが有り、世界に拡散しているという

のですが、なぜそのようになったのか、追ってゆきたいと思っています。

スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://daishintakemura.blog46.fc2.com/tb.php/158-e6927472
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

㈱大進

Author:㈱大進
小麦粉調製品、砂糖調製品などを取り扱っている大進です。
より良いものをよりやすくをモットーに走り続けます!

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -