FC2ブログ

CJとの取引の歴史

 2018-12-01

1988年12月 CJから初めての小麦粉調製品のサンプル(25Kg袋)が届きました。

薄力1等粉 52%と砂糖 48%のミックス粉で、品名はDJ-1と名付けました。

この最初のサンプルは、京都の小麦粉問屋さんに行きました。

京都の老舗のそばぼうろ屋さんでテストされ、合格し、

1コンテナー18tの注文につながりました。

その月のうちに1コンテナーが入荷し、納入にこぎつけました。


最初のコンテナーは大進の倉庫に入ってきたのですが、

粉屋の習慣としてトラックのドライバーが荷下ろしをしてパレットに積んでくれて、

我社はそのパレットを倉庫に入れるだけだと思い込んでいました。

すると、コンテナーを運んできたドライバーは

「我々は荷物を降ろしたりしない。それは禁じられている。」と言うのです。

粉屋のドライバーは、荷物を降ろすどころか、

指定された場所まで ビルの4階であろうが、地下であろうが、

遠く離れていようが、2袋づつ時には3袋づつでも担ぐのが当たり前でしたから、

怒りを覚えたのですが、それが決まりであると言われると仕方がありません。

 

その頃は未だ32歳で、25Kg 袋の小麦粉を毎日数百袋担いでいましたから平気でしたが、

慣れないので2人で1時間半ほどかかってしまいました。

それからしばらくは、1人か2人でコンテナーを下ろすことになるのでした。

これが最初のコンテナーの入荷でしたが、この時は何の問題もなく意外なほどでした。

因みにDJ-1の名DJと言うのは、大進ジャパンの頭文字を取って命名しました。

配合が薄力粉と砂糖が52%と48%となっているのは、半々で良かったのですが、

砂糖が50%未満だと関税率が4%安くなるからでした。

CJから最初のコンテナーの輸入は1988年末という事になりました。

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

㈱大進

Author:㈱大進
小麦粉調製品、砂糖調製品などを取り扱っている大進です。
より良いものをよりやすくをモットーに走り続けます!

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -