FC2ブログ

会長の思い出29

 2013-01-01
明けましておめでとう御座います。
今年も毎月初めにブログを配信して参りますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
少しでも多くの方に大進に興味を持っていただけるような
お話が出来れば良いかと考えております。
頑張っていきたいと思いますので、暖かくお見守り下さいませ。


粉屋の商売が嫌になって、脱粉(だつこな)という事で、
他の商売に気持ちが行っていましたから、
大進がダメになっただろうという事は、ありありしていました。

社長と、得意先へ行ったり、お付き合いさせていただいたり、
一緒に回る事もよく有ったのですが、粉の商売と言いますか、
粉の話をしているのを聞いた事がありませんでした。
よく言っていましたのが、
「おれは商売は嫌いや。商売はせん。
俺は会社作ったり、おもろい商売作ったり、
何処にも無いようなすごい商品を作るのが仕事や。
商売はお前らがやったらええんや!」という事でした。

もともと松下電器で喧嘩して辞めて以来、55歳くらいまでは
「松下幸之介を抜いて見返したるんや。」とよく言っていましたから、
粉屋はたたき台でいろいろやろうとしたのでしょうが、
粉屋の商売は会長には合っていなかったと思います。
運送会社の大急の方も、儲かってはいましたが、
「俺は運送屋をやるために商売を始めたんやない。」とよく言ってました。

レストラン&ショップのバンブーは、いろんな事を好きに出来るので、
面白くって、これを伸ばそうとしたのですが、
最初の15年はいろいろ当たって上手くいっていましたが、
だんだんと行き詰るようになって、すべてが中途半端になって、
全体的に業績が悪化したのだと思われます。

そこで、もう一度原点に戻る意味もあって、
私に大進の仕事をさせようとしたのでしょう。
悪い所から立て直させることが、私を鍛え、
いい経験にもなると思ったような気もします。
とにかく、大進は社長がお客様や仕入れ先の付き合いをたまにやったり、
会社へ来たら怒鳴り散らしているだけで、
放ったらかし状態でしたので、すごい状況でした。

そもそも、その当時よく言われていたのが、
「粉屋の営業は使い物にならん。」という事でしたが、そのものズバリでした。
ライトバンやワゴンで小口の配達をしながら、集金や御用聞きをするくらいで、
自分から売り込んだり、提案したりはあまりしませんでした。

大進は営業マン5名と、配達専門のトラックドライバー1名、
事務員が2名、そして社長と私の10名でした。
昔は、各社、各事業とも組織図があり、責任者がいたのですが、
社長のように個人のバイタリティ、パワーがあまりにもすご過ぎると、
そういう組織というものは、なかなか成り立たなかったのでしょう。
いつの頃からか、組織図も無くなってしまい、「社長が、全社員百二十人を、
また、社員数が何百人になろうとも、一人ひとり社長が指示して使わなあかん。
そうせんと厳しく命がけの仕事はでけへん。」と言うようになっていました。
何かがあってそうなったのでしょうが、私にも同じようにする事を求めました。

社長はすごい人で尊敬していますし、母の遺言もありましたから、
同じようにしようと努力してきたのですが、「何か違う」とは感じていましたし、
自分にはそういうやり方は無理だと感じるようになっていました。

とにかく、社長が言うように売り上げを伸ばすために
私自身が走るしかないと考えました。
 
スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

㈱大進

Author:㈱大進
小麦粉調製品、砂糖調製品などを取り扱っている大進です。
より良いものをよりやすくをモットーに走り続けます!

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -