FC2ブログ

CJベトナム工場の生産品目

 2019-07-02

CJベトナム工場の生産品目

 

今月から稼働する CJベトナム砂糖調製品工場の品目をお知らせします。

 

砂糖ソルビトール調製品(砂糖 83% ソルビトール 17%)

砂糖塩調製品(砂糖 83% 塩 17%)

砂糖デキストリン調製品(砂糖 83% デキストリン 17%)

砂糖マルチトール調製品(砂糖 83% マルチトール 17%)

砂糖ミルク粉乳調製品  各種

砂糖ココア調製品

以上、大進は砂糖ソルビトールを多く販売していますので、このアイテムには注目しています。小麦の入ったものは1年後になるようですので、豪州の小麦の安価なものは未だできませんが、韓国の工場のほうでもいろいろなグレードの小麦粉を使用したミックスができるようになりましたので、これからはこれらのご紹介をしてゆきたいと思います。

 

スポンサーサイト

CJベトナム プレミックス工場稼働

 2019-06-01

いよいよ、CJベトナムのプレミックス工場が来月より稼働します。

来週はテスト稼働が実施されます。

価格や詳細について判明してきておりますので、順次お知らせして参ります。


韓国での製造も継続されますので、そちらとの兼ね合いが問題になってきますが、

ユーザー様との相談に依りまして調整していきたいと思います。

CJと協力して韓国での小麦粉調製品の充実も図って参ります。

ハイグレードの強力粉に続いて、ハイグレード薄力粉(灰分0.31)の調製品を発売します。

他を圧倒するCJの今後の動きに注目です。



令和元年

 2019-05-01

令和の時代が幕を開け、日本が世界から関心や感心を得る国柄となり、

再び立ち上がる事になる気がします。

 

このような時に、いよいよ7月からCJベトナムの砂糖調製品工場が稼働します。

まもなく価格や内容についてお知らせできるものと存じます。

CJ共々頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

また、韓国の方では引き続き調整品の増産体制に入って参ります。

CJと開発しました、よりハイグレードな小麦粉調製品や砂糖調製品も

新発売する予定でございます。

今後もご期待に沿えるよう努力し続けてまいる所存です。

 

一例

砂糖調製品 S-2S

 グラニュー糖 80%・特等強力粉 20%(Ash 0.36%・Pro 11.7%)

 菓子パン生地がふっくらとソフトになり、美味しくなります。

 それでいて、砂糖のコストダウンにつながります。

 ここ数年、上白糖からあっさりした甘さのグラニュー糖への移行が続いておりますが、

 菓子パンもそのような傾向にあるようです。

モバックショーでのお客様の声

 2019-04-01

モバックショーでご提案した中で共感していただいたものに、

世界的な分業の問題がありました。特にアジアの中で顕著になってきています。

台湾の鴻海のような受託工場が増加しました。

パナソニックやソニーがテレビのパネルを韓国LGから調達するようになっています。

最終的にテレビにする技術はソニーの方が高いですが、

パネルはLGの方が圧倒的に安価で出来ます。

ガソリンも韓国から大量に輸入されています。

原油の価格は日本も韓国も同じですが、精製コストが韓国の方が安いのです。

このような状況は様々な分野で起こっています。

まさに製菓製パン業界においても砂糖がそうでしょう。

砂糖は装置産業であるため、電気代の安い(日本の半額以下)韓国では

低コストでやれます。

また、韓国には製糖工場が3つしかなく、1工場の生産量が莫大です。

CJの製糖工場は1工場で年間60万トンです。

そして、物流費が低い韓国はインフラが非常に低コストです。

韓国のコンテナ船は日本の何処の小さな港にも着けることが出来、

しかも海上運賃が驚くほど安いので、

日本の至る所に砂糖調製品を届けることができます。

日本は砂糖を作る技術は高いものがあり、

上白糖から希少糖までいろいろな砂糖を作れますが、

グラニュー糖だけを安く高品質で作る力は韓国の方が上回っています。

製菓製パン業界における砂糖は、これからも韓国製品が増加してゆくだろうと思います。

モバックショウ2019

 2019-03-01

2月20~23日、千葉県幕張メッセで開催されましたモバックショウに出展し、

多くの方にCJとの取引30年の歩みをご覧いただき、

新製品のご提案またベトナムの新プレミックス工場のご説明をさせていただきました。

熱心に話を聞いていただき、現状の厳しさも改めて感じさせていただきました。

やはり、30年間培ってきたCJとの取組み、

その中で生まれてきた大進にしか出来ない事を感じ取っていただけたように思います。

 

CJベトナムのプレミックス工場には強い関心を示された方が多く、

特に大手製菓製パン企業様からは早くも熱い期待を寄せられました。

砂糖ソルビット調製品は、大手メーカー様より引き合いを頂戴しました。

ベトナムはTPP加盟国という事もあり、小麦粉調製品は特に有利になると考え、

急遽CJに小麦粉調製品の生産もやっていただく事になりました。

今、その調整の為、担当の方にベトナムに行っていただいていますが、

この方が非常に前向きで熱い方なので、このタイミングにうってつけだと感じております。


新しい事をやるという事は、それだけハードルが高くなり、プレッシャーも増しますが、

明るい展望が少しでも見えれば果敢に挑戦していく姿は頼もしく、すばらしく思えます。

CJや韓国の方にこう言うタイプの方を多く見受けられますが、

これが韓国が短期間に成長する原動力になっているのでしょう。

CJの売上もこの30年間で20倍の4兆円になっています。

すごい会社ですが、こういう会社と、そのまた人達と新しい世界に入っていく事に

ワクワク感を感じています。


また、CJの大ヒット商品の美酢(ミチョ=飲む健康酢ドリンク)の試飲も好評でした。

この製品は今の第3次韓流ブームに乗り、日本で爆発的にヒットしていますが、

ベーカリーの店頭で販売したりイートインに入れたりされる所が出てきていますので、

おもしろいと思います。

その他、韓国の天板・食パン型など注目の商品もありましたので、

次回ご紹介させていただきます。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

㈱大進

Author:㈱大進
小麦粉調製品、砂糖調製品などを取り扱っている大進です。
より良いものをよりやすくをモットーに走り続けます!

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -