fc2ブログ

躍進するCJジャパン、CJフーズグループ

 2022-11-01
CJグループは年商3兆円のグループ企業ですが、世界を4グループに
分けることになり、日本がそのうちのグループになったそうです。
他は、韓国・米国と中国アジアのグループに分かれているようで、
韓国は年商1兆円超なのに対して、日本は400億円程度なのにも関わら
ず、そこまで昇格されたのは、ジャパンの伸びとこれからの可能性に
賭ける部分が大きいようです。
CJジャパンは、日本で冷凍マンドウや冷凍チヂミを製造し海外へ輸出して
いますが、これから日本で製造した美酢製品も輸出するそうです。
CJグループは、そもそも世界で活躍するグループ企業ですが、ジャパンも
世界に羽ばたいて行って、日本も元気にしてもらいたいものだと思ってお
ります。
また、CJジャパンの林社長様はもとより、スタッフの方もより一層忙し
くなられますが、2030年には売り上げを2000億円にするんだと張り切っ
ておられます。大進も少しでもCJジャパン様のお役に立てますように、
今まで培ってきた調製品販売のノウハウを更に深化させ、調味料やソース
などの業務用販売や日本国内で製造される食品の原材料の安定供給など
の役割を果たしていきたいと考えております。

スポンサーサイト



調製品の大幅値上げが実施される

 2022-10-01
今迄は日本の小麦粉と砂糖の価格変更に合わせての価格の
上げ下げが行われ、数十年間推移して参りました。
しかし、今の為替、物価高は過去に例の無いものになって
おりますので、韓国のメーカーも耐え切れなくなっております。
調製品の業界において、最も競争力のあるCJに於きましても
この荒波をもろに受けていますので、日本国内以上の値上げを
せざるを得ない赤字の状況になっています。
しかし、CJは他メーカーよりは体力もあり競争力があります
ので、まだ他メーカーより安価な面もありますから、他メーカー
からCJに乗り換えようとされるユーザー様もございます。
けれども、今回の大幅に値上げによりまして赤字は大分埋まり
ますが、まだ足りないようです。
その為CJからは赤字でも既存のお客様は守るけれども、新規に
増やさないでほしいと言われております。
来春位からは状況も変わるだろうから、それまで待ってほしい
との事です。
お客様には残念でしたとお話するしかありません。
原油など物価のほうも落ち着きを取り戻してきつつあり、為替
も今の状況が来年もずっと続くと思われません。
本当に来春くらいには正常化し、CJの競争力が発揮され、
お客様にも喜んでいただけるようになると信じております。

調製品ビジネスの近況について

 2022-09-02
最近の原料高、為替、輸送費の高騰、輸入経費の増大などに
よりまして、CJもかなり厳しい状況になってきました。
今年前半、小麦粉調製品・砂糖調製品も販売量を拡大して
おりましたが、新規のお客様には良い条件が出せなくなり、
新規では物が出ないようになってしまいました。
既存のお客様への値上げをできる限り抑えるようにする努力に
追われています。
すると、もともと我々が価格競争力があったので、引き合いや
注文が流れてくるのですが、新規では対応できない状況です。
量が増えるチャンスなので、お助けしたいのはやまやまですが、
なぜ新規ではお出しできないか、理由はお分かりいただけると
思います。
半年前のご注文いただいておりましたら、継続的にお取引き
いただけたと思うのですが。
巨大な製粉工場と製糖工場とプレミックス工場を持っているCJ
ですらこの状況ですから、他の調製品メーカーはもっと苦しんで
いるようです。
既存のお客様には、企業努力で安定供給していきましょうと、
CJ様とも決意を新たにしているところです。

急成長するCJフーズジャパン

 2022-08-01
今年の夏も美酢(ミチョ)シリーズの販売は絶好調です。
100%果実発酵酢を使っているので、口当たりがまろやかで
美味しい上に、ビューティー&ヘルシー感覚で、日本の女性にも
大人気です。
今田美桜ちゃんのTVコマーシャルも好評で、美酢のイメージ
アップにも貢献しています。
「美酢活してる・・・」という流行語が生まれるほど。
中でも美酢ビューティービネガーゼリーは、難消化性デキストリン
を加え、食物繊維が入ってカロリーはわずか。より、ダイエット
効果が求められる優れものです。

大進からも難消化性デキストリンなど原材料を安価に供給させて
いただいております。

貴方も、美酢BeautyVinegarClubに入会して、毎日の美酢活を
楽しんでください。

小麦粉調製品で他を圧倒する CJ-大進

 2022-07-01
CJは、グループ全体で、世界の売上が3兆円。
CJフーズジャパンの売上も、年間400億円と3年で倍増
しています。
日本においても、調製品だけでなく「Kフーズ」(韓流食品)
の商品や調味料やバイオ製品等も伸びており、特に「Kフーズ」
が手掛ける“美酢”や“王マンドゥ”は日本でも大ヒットしています。

CJのエンタメ事業は、世界に拡大していますが、日本においても
人気を博しています。“パラサイト”などの映画や“愛の不時着”などの
ドラマを制作し、世界中で大ヒットしました。

CJフーズジャパンもこの勢いに乗って、すべてのカテゴリーで、
No.1から、CJのキャッチコピーである「オンリーワン」を目指し
ています。

大進が1988年にCJとの取引を選択した時、いつかこのような日が
来るだろうと想像していたのですが、30年過ぎた今、小麦粉調製品に
おいてCJパワーが発揮されはじめています。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

㈱大進

Author:㈱大進
小麦粉調製品、砂糖調製品などを取り扱っている大進です。
より良いものをよりやすくをモットーに走り続けます!

FC2カウンター

最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -